前へ
次へ

大きいサイズの喪服はネットで購入

普通の洋服とは違い、喪服は購入できるお店が限られています。
最近では量販店など安価なお店なら置

more

喪服を着るときに持つべきハンカチは

喪服に必要な小物類に関しても、できれば白と黒で統一したいところです。
例として、靴下に関しては

more

昔の人たちは葬儀に参列するのに白の喪服を着用

これは多分江戸時代の昔にさかのぼりますが、昔の人たちは葬儀に参列する時に白の喪服で葬儀に参列していた

more

喪主になったら正喪服を着なければいけないか

子供のころといえば高い一張羅の服を作ってもらっても着る機会は数回程度です。
かなり高い買い物と言えるかもしれません。
男性であればビジネススーツにお金をかけるときがありますが、10万円近くしても日々の仕事で着用すれば十分元は取れると言えるでしょう。
その一方であるときにしか着ない服も用意しておく必要があり、それにもそれなりにお金がかかります。
葬式に参列をするときには喪服が必要なので、そのための服を購入して置いておくことがあります。
葬式に参列する立場であれば一般的なものでいいのでしょうが、自分が主催者となって喪主の立場となると少し事情が異なるようです。
正式には喪服を着るのがマナーとされていて、男性であれば和装やモーニングスーツを着用することになっています。
モーニングスーツといえば冠婚葬祭などでそれなりに着る機会はあるものの実際に着ている人を見かけることは少ないかもしれません。
明治時代の役人であったり内閣が変わるときの写真などで見かける程度です。

安心サービスでできるだけ無駄を省いた葬儀

奈良で立会いできるペット火葬をお探しの方におすすめ
最後のお別れまでそばにいられるので、ゆっくりとペットを見送れます。

将来の葬儀費用に関する備えへのサポートもしています
月々1,500円から4,500円と無理のない金額で高額になりやすい葬儀費用へ備えられるプランをご用意しています。

遺品整理はリサイクルジャパン東京へ

リサイクルジャパン愛知

モーニングスーツを着るとなると当然ながら購入する必要がありますが、葬式において常に着て行っていいわけではありません。
あくまでも喪主を務めるときに着る服になるので、これから先何回喪主になる可能性があるのかを考えると良いでしょう。
すると一生の中では数回あるかないか、人によっては全く喪主を務めずに自分の一生を終えるときもあるでしょう。
せっかく用意した喪主用のモーニングスーツに一度も袖を通さない可能性もあります。
現在の考え方では必ずしもモーニングスーツの着用は必要ないとの意見が大半です。
だからこそ参列した際に喪主が着ている服もモーニングスーツでないのでしょう。
どうしても必要な時はレンタルしてもらうこともできるので、葬儀会社に相談すると良いかもしれません。
わざわざ購入して用意しようとするなら、他の冠婚葬祭に着る機会なども考えながら決めるようにしましょう。
せっかく作るのであればいいものを作ると良いでしょう。

Page Top